健康に良い日本の食品

皆さんは、普段どのような食事をされていますか?最近では和食を専ら食べるという日本人は、一部を除いてとてもすくなくなってしまいましたね。今日ではグローバル化が進み、中華はもちろんのこと、フランスやイタリア、スペインなどのヨーロッパはもちろんのこと、中東やラテンアメリカ、東南アジアなどのエスニックと呼ばれる料理もレストランなどで食べられるほか、そういった食品が日本国内の食料品店で手軽に手に入るようになりました。しかし、その一方で、日本人が昔食べていた和食というジャンルの食事が、非常に健康的だとして、逆に海外から人気が出ているのです。

考えてみれば、日本は古来から大豆を使用した発酵食品はもちろんのこと、農作物も豊富で、海に囲まれている国土のため、ほかに例を見ないほど魚料理が発達してきたという食文化を形成してきました。そんな中で、その魚を使った日本料理の技法はもちろんのこと、日本で古来から使用されてきた調味料も注目されているのです。まずは醤油ですが、醤油は癖がなく、魚はもちろん、野菜、肉など、ほとんどどのような食材にも使用できるうえ、その食材が持つ本来の味を引き出すことに長けています。また、そんな醤油同様に、ヨーロッパで密かに人気が出ているのが、味噌です。味噌は大豆の発酵食品であるため、植物性でベジタリアンにも手軽に安全に使え、発行しているため大豆の持つうまみと栄養素を効率よく摂取できるのです。日本では昔から使われてきたこのような日本独特の調味料、それを使った料理、もう一度見直してみませんか。

 比べてお得!

Copyright (C)2017毎日を健康に過ごすためにプラスしたい食品.All rights reserved.